音楽アロマ・ストレッチ~白鳥の湖~


今回の音楽テーマは「白鳥の湖」白鳥 デコメ絵文字

 

6月15日といえば、梅雨真っ只中でしょ・・・・・と水に因んで選んだわけですが、

あれれ??当日は夏本番!と言わんばかりの快晴&蒸し暑い一日となりました。

P1040085

でも、シェア奥沢は緑溢れる一軒家。

空調ナシで、時折りそよ風を感じながらの穏やかな2時間となりました(*´∀`*)

 

「白鳥の湖」は、チャイコフスキーの三大バレエの一つ。

 

何かとモチーフになりやすく、古いところでは文明堂の

♫カステラ一番電話は二番♫のクマさんの踊り(世代によっては知らない??)、

最近ではアフラックのブラックスワン(白いのはアヒル)などなど。

でも、「どうして白鳥なの?」とか「原作は?」等、

意外と知ってるようで知らないのではないでしょうか?

 

白鳥オデットは、もと王女。

悪魔によって白鳥に変えられ、夜の間だけ人間の姿に戻ります。

国鳥オディールはその悪魔の娘で、王子のお妃選びの宴に現れて

オデットに愛を誓った王子を誘惑します(`∀´)

P1040095

 などなど、軽く解説。

 

実は、お話の原作は存在しておらず、チャイコフスキーがバレエ音樂の作曲を

依頼され、オリジナルで書きおこしたものがたりという説が有力です。

 全29曲、それぞれのシーンの情景や登場人物の心理が

描写されています。

ものがたりを知って聴くと、1曲1曲また味わいが深まりますよ~

 

P1040068

 そして、ハイライトシーン(白鳥と王子のパ・ド・ドゥ、黒鳥と王子のパ・ド・ドゥなど)の

映像もスクリーンで視聴。パリ・オペラ座の優美なバレエにうっとり~

こちらは、 ストレッチ講師のMIDORIさんの解説も交えて~

 

そして、今回のアロマは、「ホーリーフ」。樹木系の香りです。

P1040097

 森、モノトーン、涼しげなイメージからの連想に加え、梅雨時のむくみや関節の痛み

などへの働きかけもあることから選びました。

 

参加者のみなさんからは「どこかで嗅いだことある匂い~」、と。

実はベルガモットなどにも含まれるリナロールという成分が入っていて、

ウッディな清涼感の中にも穏やかな甘さがあり、鎮静作用にも優れます。

 

MIDORIさんが考えてくださった バレエストレッチでは、ピックアップした3曲に合わせて

リンパマッサージや、先に視聴したポーズなども取り入れて。

 

はい、黒鳥で~す。

P1040088

 

 リンパが滞っているところ、左右の筋肉や柔軟性の違いなど、

ゆっくり、でもしっかり自分のカラダと対話します~

P1040089

今回は、ずっとシッティングポジションでしたが、みなさんじっとり汗をかいて

有酸素運動の効果、出てましたねヾ(*´∀`*)ノ

 

バレエストレッチで使用したのは、

https://itunes.apple.com/jp/album/tchaikovsky-swan-lake/id265776596?uo=4

1.情景のテーマ(No.14)

2.国鳥の踊り (アルバムの後半にあるNo.10)

3.白鳥と王子のパ・ド・ドゥ(No.18)

 

バレエストレッチは、バレリーナのみならず著名なアスリートたちも

日常のトレーニングに取り入れる自分の筋肉でバランスを整えるメソッド。

続けるとバレリーナのような鎖骨美人になるかも?!です。

  

そして、最後は、「ヒース・ローズヒップ」のハーブティ。

ヒースはミネラル豊富で美白効果のあるアルブチンも配合。

そして、日焼けしたカラダに必須のビタミンの爆弾ローズヒップとブレンドで~

P1040100

 

 

会の前半にもお話したのですが、聴覚は五感の中で唯一

ダイレクトに古い脳に働きかけて、感情や動きにすばやくつながります。

また、アロマも、自律神経を司る視床下部に届きます。 

脳のはなし

音楽アロマとバレエストレッチは、ココロとカラダのセルフチューニング。

日々蓄積されたいろんなひずみやゆがみを、

五感を使って自分のチカラでちょちょっとチューニングするメソッドです。

 

音楽レシピを参考に、是非、ご自分のペースで結構ですので

ご自宅でも試してみてくださいねヽ(*´∀`)ノ

P1040103

 

次回は7月に夏をテーマにしたバレエを題材にお送りします!