八重山ちょこっとハーバル探訪記


3月12日~15日で石垣~西表へ。

この辺り八重山は海洋性亜熱帯気候ということで

植物たち(動物も!)はエネルギーに満ちててパワフル!

食べたものはどれも濃いけれどやさしくて、、、

舌の記憶が懐かしさを増幅します。

 

なにはともあれ、私が出会って印象に残った植物やハーブたちを

備忘録的にまとめてみたいと思います。

 

まずは石垣島。海岸線を走って川平湾の手前、小高い丘にある

ハーブ園ガーデンパナ。

 

沖縄といえば月桃。そして、フェンネルもよくお料理に出てきました。

 

 

フレッシュハーブティもこんなに豪快!

フレッシュもドライも、、、月桃はちょっとクセがあります。

でも、抗酸化作用はバツグンだそう。

 

ピタパンサラダサンド。

緑が濃くて、苦いですが、身体中解毒される感じです。

ヤギやウサギになった気分でしょうか?!

長命草、はじめて生で食べました!

 

ウォーターサーバーにも庭のハーブがたっぷり♡

マロウがきれいに咲いていました。

 

コウシンバラに、レモンの蕾も。春ですね!

 

沖縄で花といえばハイビスカス。

赤、白、黄、ピンク、、、町のあちこちに咲いています。

ハーブ園ではこんな風にディスプレイ。

ハーブティに使うのはローゼル(別品種)のガクの部分ですが、

こちらのカフェでは赤のハイビスカス(アカバハ)は

食用するとのこと。

 

カフェからの眺め~

通り抜ける風が暑くもなく寒くもなく、

細胞が緩み切ったとてもここちよい午後でした。

これからの季節、この風景がもっとカラフルになるのでしょうね。

 

こちらへ来る途中に川平ファームショップにも寄りました。

ハッとするくらい鮮やかな沖縄スイレンがお出迎え。

 

剣山スピーカーも。

音は葉を伝って空間にやさしく広がります。

スピーカーに適するのはオオバセンボウという

熱帯~オーストラリアの植物だそう。

 

猫ちゃんに別れを告げて次の地へ・・・